基礎をしっかりと、シンプルな家でも安心できる生活

裕福ではない家計でしたが、若い内にローンを組んで頑張ろうと思い20代で注文住宅の購入に至りました。

予算を聞かれても、できるだけコストは抑えたい思いから、はっきりと金額を提示できませんでしたが。

注文住宅は建物価格にその他の付帯費用がかかってきました。お金を気にせず建てられるならば、ああしたいこうしたいとたくさん夢は膨らみましたが、実際はなるべくコストは抑えたかったので、譲れない部分のみはお金をかけることにしました。

できあがった家はとてもシンプルな外観、内装ですが、私たちはとても気に入っておりとても居心地のいい家です。

自然災害が多い現代なので、家の基礎となる部分はしっかりとした造り、建築資材を選択しました。また未来のメンテナンス費用のことも考え、外壁はタイルを選びました。

間取りは見本を参考に自分の思うようにし、家事導線のよい造りにしました。

浴室や洗面所は広い方がいい気もしましたが、水回りの掃除が苦手なので、一般的な一坪サイズとしその分リビングが広くなるようにしました。

収納は1階にも2階にもしっかりと設けたことで、スッキリ見える空間を作ることができました。

こだわりは少ない家ですが、家の中にいることでとても安心感を得られる住まいとなりました。