リビングの窓の大きさに注意

リビングには、もちろん窓も設置する必要があります。注文住宅を作る際に、その窓を広くするよう検討される事も多いです。窓が大きい方が、リビングに開放感があるでしょう。
確かに開放感はありますが、外からの目線にも配慮する必要があります。あまり大きくしてしまいますと、プライバシーが気になってしまう事も多々あるからです。
そもそも街を歩いていると、たまたま窓から住宅の中が見えてしまう事があります。ブロック塀が無い住宅ですと、中が丸見えになってしまう事もあるでしょう。
という事は、リビングの窓を大きくしてしまいますと、通行人から中を見られてしまう可能性があるのです。プライバシーを考慮すると、それはあまり良くありません。
ましてリビングという空間は、かなり利用頻度が多いです。常に通行人から見られているような状態ですと、あまり落ち着かないでしょう。
ですから注文住宅の間取りを考える時は、リビングの窓の大きさは要注意です。リビングの開放感も大切ですが、あまり大きくしない方が良いでしょう。