一生に一度の夢の注文住宅、新築マイホーム。

私が戸建て住宅を購入する際に、重要視したのは水回りの配置です。水回りと言うのは、キッチンやトイレ、洗面所やお風呂と言って、水関係を使う所の事です。何を重要視したのかと言いますと、キッチンやトイレ、洗面所やお風呂を導火線上で結ぶような配置にした事です。毎日の事ですので、快適な生活を送りたいと思い、その事は真剣に考えました。キッチンをしながら、洗面所が近い場所ですと洗濯機もやり易いですし、お風呂の事も気付き易いので、洗面所とお風呂も同じ空間で作る事で、窓を作り換気を良くする事も考えました。

以前、住んでいたマンションが水回り関係がバラバラだったのです。玄関入って枝分かれして廊下で作られていました。枝分かれいる一つの奥が洗面所です。洗面所の奥には、お風呂場でしたが凄く狭かったです。今のお風呂場の半分以下の広さです。おおよそ半乗ぐらいの広さでゆっくりお風呂に浸かるというのうな感じはありませんでした。洗面所の所には、洗濯機が置けましたが、ドアが合って枝分かれしているもう一つの廊下の奥がLDKです。洗濯機からキッチンまでの距離が長く、ドアを締め切ったら、何も聞こえないので、洗濯し終わった合図も聞こえませんし、廊下をうろうろする事が億劫に感じる事もありました。実際に住んでみて感じる事は人それぞれあると思います。

一生に一度と言う大きな買い物です。決して安い買い物ではありませんので、ハウスメーカーさんと何度も打ち合わせや間取りを決める事は、非常に大切だと思います。自分自身が何に力を入れているのかを伝える事が大切だと思います。

 

神戸注文住宅