新築するならまずはハウスメーカー選びから!

東日本大震災の後、自分の住んでいる地域に何十年以内に大きな地震が来ると言われていることがとても怖くて、家を建てる時はとにかく耐震性を重視しました。地震対策には耐震、制震、免震の3種類がありますが、耐震性はもちろんのこと、制震装置を標準でついています。
免震は横揺れには効果がありますが、縦揺れにはあまり効果がないと言われ、つけていません。
何回もハウジングセンターなどに足を運び、いくつものハウスメーカーの説明を受け、そのハウスメーカー特有の構造や仕組みなどをかなり勉強しました。家に帰ってからは、ネットでハウスメーカーから聞いたことを調べたりして、その上で、自分たちがこれなら大丈夫そうだといちばん信用できるハウスメーカーを選びました。予算を高くし、制震、免震などをつければどのハウスメーカーでも信用できるのですが、価格ももちろん考慮しつつ、耐震性が最も優れているなと思えたハウスメーカーに決めました。
家はいちばん高い買い物です。多くの方は、何回も買い換えたり、建て直したりができません。
そのため、後悔しないよう慎重に考えて購入するようにして下さい。