比較する工務店の数を多くしすぎない

住宅ローンや工務店を選ぶなら、比較する事自体は大切です。工務店も沢山ありますが、各社はそれぞれ特徴も異なるのです。住宅を作る際の料金は異なりますし、どのような住宅が得意なのかも異なります。
ですから各社を比較するのは大切ですが、あまり数を多くすべきではありません。数が多くなると、どの工務店だったか分からなくなってしまうケースがあります。
そもそも比較する工務店の数は、色々な選択肢があります。5社だけ比較する選択肢もあれば、20社や30社など多数の工務店を比べる選択肢もあるのです。後者のように多数を比べれば、どこか1つは良い工務店を見つけられる可能性はあります。
しかし数が多いと、工務店が分からなくなってしまうケースも多いのです。人によっては、「あまりにも沢山の工務店を比べたので、どこなのか分からない」と話している事も実際あります。
ですから比較する会社の数は、あまり多くしない方が良いでしょう。せいぜい5社や6社程度にしておく方が無難です。