私が理想とする住宅家づくりにつきまして

私は、一軒家を家族で考慮している段階におきまして、近年地球の温暖化現象であります、異常気象では、西日本豪雨や、台風19号の後に続いた豪雨災害等の影響で、テレビで、一軒家が流されたり水没したり、床下浸水、床上浸水になったり等、今、災害に強い一軒家が注目されております。その中で、私達家族が目指すべき住宅としましては、近年の風水害に強い家づくりの特徴であります、まずは、逆流防止弁が設定されている排水口作りが重要とされる事項であると思いました。どうしても、増水の影響で、大量に汚水が雨水と汚水が逆流してくることで、トイレや、お風呂場の排水口から、溢れんばかりの汚水が逆流し、そこから、一気に床下浸水へと繋がり、最悪の場合は、床上まで浸水してしまうと言う状況でありました。このことから、逆流防止弁と、更に、水が断水して使えない状況になり、大多数の方々が困られたと言う事態で、井戸水の工事を一軒家の庭等に併設して設置される一軒家が急増しておりますので、そのような急な風水害について対応できる一軒家を希望しております。